2012年7月3日火曜日

原付二輪車のEV化(2)

先日のエントリ書き込まれていたコメントで「レンチにパイプをつなげて長くするとよい」と知りました。(ありがとう、白糠のすごい人!)
で、うちに金属性のパイプなんてないよなー、と思っていたのですが、部屋の中を眺めていて見つけました。
これです!

 そう、自転車のサドル部分のパイプです。
レンチの持ち手部分のゴムをはずせば、すんなりパイプにはまりました。



これを早速試したかったのですが、回転半径が長くなった分、回すのに空間が必要で、サイドスタンドも外すことになりました。
この時にも固いボルトがありましたが、この延長したレンチならあっけなく回せました。
かなり強力ですね、これ。

で、いよいよ先日断念した部分のボルトを外しにかかりました。
 しかし、さすがに手ごわい!
このパイプで延長したレンチをもってしてもまだ固い。
一気に力を入れると、レンチかボルトが壊れる恐れがあるので、じわーっと徐々に力を入れていく必要がありました。
動いてる感触はなかったけれども、本当に少しずつ回っているらしく、いつの間にかレンチの角度が変わってました。
さらに続けると、ようやく「回った」という感触が!
いやー、本当に固かった。

ボルトが外れたときには思わず拳を天に突き上げてしまいました。

これでようやく次に進めます。

チェンジペダルを外し、クランクケースのカバーを外そうとしました。
カバーをカタカタと揺すって外そうとしたら、隙間から真っ黒い液体が!
あわててカバーを閉めて何とか止まりましたが、危うく床がオイルの海になるところでした。

オイル抜きの場所がわからなかったのですが、多分ここだろうと適当に見当をつけた所が正解でした。 オイルを入れる容器もないので、仕方なくポリ袋で受けてみることに。 新聞紙とウェスを入れて袋を2重にしてオイルを受けてみたところ、幸いにして漏れたりはしませんでした。

引き続きクランクケースのカバーを外そうとしましたが、中で何かが引っかかってる(つながってる?)らしく、ただ引っ張るだけでは外れそうにありません。
うーん、一難去ってまた一難です。
というわけで、今日はここまで。
一応、ジャッキがあればエンジンを外せるところまで準備はできたと思います。

現在平行して、モーターなどのパーツ類の検討をしています。

つづく


  • 追記:
    この抜き取ったエンジンオイルですが、ペットボトルに移し替えて近所のガソリンスタンドに持って行きました。
    回収してもらえますか?と聞いたところ、「このくらいの量なら無料で結構ですよ」と引き取ってもらえました。(ってことは普通は有料なのかな?)
    とりあえず処分できて一安心。
  • 追記2:
    その後、クランクケースカバーを外すことができました。チェンジペダルの軸受け部分が引っかかって抜けなかったのが原因でした。軸をハンマーで軽くたたきながらカバーを引っ張れば、徐々に抜けていって、外せました。
    カバーを開けると、カバーの内側にステータコイルがあって、そこからコードが車体につながってました。

    これを外すのは厄介だな、と思ってコードをたどるとフレームの中でコネクタを発見!
    案外すんなり外れました。
    つまり、クランクケースカバーを開けるのはまったくの無駄だった、ということに。。。orz

2 件のコメント:

  1. いや~!楽しそう! あの時間がふつふつと思いだして
    、した~い!やりた~い! です。
    でも、白糠と札幌 んっ~。
    仕事のピークの時期。つらい。
    こぶしを突き上げる!わかる!

    とにかく、今は応援するだけですが、がんばって!

    返信削除
  2. ありがとうございます!
    あのアドバイスは本当に助かりました。

    これからも応援お願いします!

    返信削除